Menu

積極性の高い医学検査技師を目指す
医学検査学科3年制

豊かな人間性と創造性を備えた
人間の育成を目指します

教育理念

現代医学の診療を支えているのは、臨床検査技師の提供する正確なデータです。その責任ある重要な役割を担う専門職として、豊かな人間性と創造性を備えた人間の育成を目指し、医療人として生命現象に畏敬の念と探究心を持って、その生命を持つ人間を尊重できる人材を育成することにある。

教育目的

生命現象と疾患の成り立ちに興味を持ち、日々進歩する医学において重要なデータを提供する臨床検査技師として、常に正確なデータを迅速に提供することに必要な知識・技術を修得し、冷静に科学的根拠に基づいた分析を行う事ができる。また、「検査」の対象である「人」に想いを馳せることができる「心」をもった臨床検査技師の育成を目指す。

教育目標

  1. 1生命現象や疾患の起こるメカニズムに探究心を持ち、自らの専門分野を深く追求する姿勢を養う。
  2. 2臨床検査に関する知識・技術を修得し、科学的根拠に基づいた分析ができる基礎的能力を養う。
  3. 3診療の根幹を支える役割であることを理解し、常に緊張感と責任感をもって仕事に臨む姿勢を養う。
  4. 4全人的医療の精神を理解し、検査の対象である「人」に思いを馳せる「心」をもった臨床検査技師を養成する。
  5. 5チーム医療を担う一員として、確かな倫理観と高い協調性を持つ人材を育成する。
  6. 6日々進歩する医学に対応できるよう、絶えず自己啓発を心がけ、幅広い最新知識を柔軟に受け入れる姿勢を養う。

活躍の場

取得できる資格

健康管理士の資格取得

健康管理士|テキストイメージ

生活習慣病が増加する現代社会において、健康管理の重要性は高まってきています。

「健康管理士」の資格取得をすることで栄養・疾病・ストレス・環境などの正しい知識を学び、より社会のニーズに応じた質の高い医療が提供できるようになります。

学びのポイント

  1. 1コミュニケーションスキルを伸ばすことに力を注ぎ、実践を意識している。
  2. 2早期臨床体験として、関連病院を見学し学習意欲の向上を目指している。
  3. 3静岡県内で唯一の臨床検査技師養成校。

カリキュラム

1年次…医療職としての基礎知識を学ぶ

臨床検査を理解するための医療人としての高い倫理観及び、豊かな人間性を育むために学びます。

2年次…臨床検査学の専門知識を学ぶ

実際の医療現場に準じた学内の機器を使用し、検査技術の習得を目的とした学内実習を行います。

3年次…臨床実習で「臨床検査」を学ぶ

臨地実習にて専門知識の確実な定着と、検査技術の実践力の向上を目指します。
 教育課程を見る

主な実習先

浜松医科大学付属病院/聖隷浜松病院/聖隷三方原病院/浜松赤十字病院/浜松医療センター/JA静岡厚生連遠州病院/磐田市立総合病院/十全記念病院/他

こんなところが魅力

一般検査学実習

血液以外の体液(尿、髄液など)検査や糞便などの検査で、各種専門検査の前にスクリーニング的に行う検査を一般検査と称しています。件数が多く、専門検査に先駆けて行われる最も基本的な検査です。一般検査学実習では、検査技術の修得を目標として実践的な実習を行っています。特に、尿沈渣(尿を顕微鏡で観察する検査)の実習では、早期発見の重要性と共に、顕微鏡を使用した観察で、疾患発見のスキルを高めるスキルを身につけます。

免疫学講義

本学科では様々な授業の中で、グループディスカッション形式、プレゼンテーション形式での授業展開を行う事で、これらの能力の向上に努めています。臨床検査技師は、チーム医療の一員として、この2つの能力は必須です。免疫学の授業では、生体防御機構を学びます。その専門的な授業の中で行う、学生同士のプレゼンテーション発表は、確かな知識の定着にもつながります。

早期臨床体験
(十全記念病院)

入学後の早い段階で医療現場を体験することによって、病院内で臨床検査技師がどのような役割を果たしているのかを、また臨床検査技師の具体的な仕事内容を理解することが目的です。この体験が、今後の専門科目を学ぶ上での動機づけに繋がります。専門的な知識や主義の修得を目的としたものではなく、一人の人間として、検体の裏側にある患者の苦悩を理解し、将来臨床検査技師となる自分が、何をなすべきかを自覚することが狙いです。

ここにも注目

臨床検査技師の参加する学会・イベントに参加します

臨床検査技師の参加する学会やイベントに参加することで、すでに臨床現場で働いている臨床検査技師の方々と接する機会があります。
自らが目指す臨床検査技師の先輩方の話を聞くことで、将来の目標を明確に意識してもらうための重要な経験となります。

臨床検査技師の参加する学会・イベントに参加します|イメージ

メッセージ

医学検査学科 学科長

鈴木 真紀子

「心」ある臨床検査技師の育成を目指します

続きを読む

臨床検査技師は現代医学において、医師の診療に不可欠な科学的根拠を提供しています。生命を支える医療現場に関わり、チーム医療の一端を担うため、専門的な知識や技術は勿論、それ以上に豊かな人間性が必要であると考えます。

医療従事者を目指す学生は、人の役に立ちたいという強い思いを持っています。その思いをいかに引き出すかは、私たち教員の重要な役割だと感じています。その思いを受け止め、引き出し、検体の裏側にある患者に思いを馳せることのできる、「心」ある臨床検査技師の育成を目指します。

医学検査学科 3年生

平山 悠太さん

助け合いながら勉強に励むことができます

続きを読む

学生生活で、一番大変なのは勉強です。日々の勉強量は多く、とても難しく感じます。しかし、先生方の熱心な指導と、何より同じ目標を持つ友達がいることで、助け合いながら勉強に励むことができます。授業の一環として、病院見学や学会やイベントの参加の機会があります。実際の現場の空気に触れることや、現場で働く臨床検査技師の方々の話を聞くことができて、将来像がより明確になりました。今では学校生活を一日一日大切に過ごすことで、臨床検査技師の先輩方に一歩ずつ近づいていると実感しながら、充実した学校生活を送っています。

PAGE
TOP